So-net無料ブログ作成

大連立よりTPP解散だ。 [ニュースコメント]

12月4日に今週は大連立がテーマになるといっていたらやはり動きだした。政権維持のグリップ力を失っている民主政権と権力の座を再び手に入れたい自民。それは表向きは日本が危機に瀕しているときに官邸や国会が機能不全では危ないから大同だという理由を旗頭にするだろう。永田町の頭脳とされる与謝野馨氏なら自民も菅直人氏のグループも囲碁友達の小沢一郎氏とそのグループも乗りやすい船である。今年初めに与謝野馨氏の出した新書を読んだ限りでは彼の路線は財政規律派であり、中福祉中負担社会を目指している。これもまた双方乗りやすい。
しあしである。日本人はどうしてこういう解決策を選ぶのだろうか。「今まではみんなが悪かった、いったんこれを水に流してみんなでがんばろう」明治維新、太平洋戦争からの復興。。。。責任の所在があいまいなままに次のパラダイムに何食わぬ顔で移る。。。マニフェストも政治主導も、コンクリートから人も、、、、すべて水に流されてしまうのだろうか。このブログでも何度でも主張したがTPPを国民に問い、説明し、その上で信を問うのが国民に正対した政治のあり方ではないのか。今のままでは「みんなウソです君も僕も」という戯歌のまんまだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0