So-net無料ブログ作成

4373億円の赤字~貿易収支赤字の持つ意味~ [ニュースコメント]

1月の貿易収支が過去最大の4373億円となった。つい先ほども2011年の貿易収支が赤字になったというニュースを聞いたばかり。BSプライムニュースで大和総研の熊谷亮丸氏がその解説を試みている。貿易収支悪化の理由は①資源価格の上昇②震災の影響③円高とのこと。ここにきて輸出に底入れの兆しがあり、今回の赤字はこのまま続くとは思われない。だがこれは向う1、2年の話。5年先といったスパンで見ると日本は経常収支赤字の国になるという。経常収支が赤字になることにより、負の連鎖、つまり高齢化による資金不足、円安インフレ、長期金利上昇、財政赤字拡大といった日本のこれまでの経済的強みがすべて裏返ってしまうと指摘。これを防ぐには消費税を上げ、日本の企業を追い出す5点セット、すなはち①円高②高い労働コスト③高い法人税④TPPへの取り組みの遅れ⑤高い環境コストを解消し、さらに震災による電力供給不足を解決しなければならないと。これまで日本は無策かそれとは逆の政策を行っている。震災によってさらに危機は高まっている。運命の3年間はすでに始まっているのだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0