So-net無料ブログ作成

反対57人、分裂状態の民主2012/06/27 [政治]

 消費増税という国の根幹に関わる法案に政党内で賛成、反対がわかれるような実態。もはや分裂といっていいだろう。小沢グループは離党の如何を近くくだすという。これまで寄合所帯といわれた民主党だけに必然の結果とも言える。さて仮に小沢グループが離党したとして彼等と連携をとる政治グループはあるだろうか。消費税反対で軌を一にした社民党。TPPも同じく反対であるが沖縄問題に関しては不明である。秋波を送っている大阪維新の会はどうか。大阪維新の会が連携を添うてしているのは石原都知事のグループであり、石原氏は小沢氏と相容れない。
 こう考えると社民党との連携の可能性があるとすれば考えられるのだが、小沢氏を支援基盤は社民党との連携を支持するだろうか。結局政界で孤立を深める亀井静香氏しかないだろう。だがこれを連携と言えるかどうか。
 衆院議員の任期満了は1年あまり。解散総選挙、内閣不信任案可決など政局は発火状態となった。野田総理はどう舵をきるのであろうか。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0