So-net無料ブログ作成

アベノミクス半年で給料があがると考える日本人 平成25年7月15日 [経済]

 友人のイギリス人とお茶をした時にこう語りかけてきた。「日本人は経済オンチというか頭が悪い」。ひどいことをいうもんだと反論しようとしたが、彼は畳み掛けてこういった。「金融緩和策に転じて半年で国民全体の給料があがると信じてるなら」。
 安倍政権が去年12月に日本経済を担って以来、株価はあがり、為替は円安に転じ自動車産業や家電産業に安堵感が広がった。しかしそれがすぐに給与に反映されるかというと、イギリスの友人に指摘されなくても疑問符が付く。コンビニ業界やトヨタのように協力的な企業もある。しかし20年以上にもわたるデフレを給与カットでしのいできた企業がそう簡単にマインドを反転できるわけがない。麻生財務相もアベノミクスが給与まで反映されるのは2年としている。半年で給与があがるなんて甘いのである。国民は甘い話が世の中に存在しないのは十分知っている。けしかけているのは超高給を得ているマスメディアである。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0