So-net無料ブログ作成

もっと国産チャットアプリを! 2013年8月20日 [政治]

 スノーデン容疑者が告発して明らかになったアメリカの電話盗聴・メールの盗み読み。対岸視している問題ではない。中国がアメリカにサイバーアタックを仕掛けているが、それは当然日本の政府機関や企業へ仕掛けられていることを日本のメディアは伝えていない。米下院情報特別委員会は中国大手通信メーカーの華為技術、中興通訊が中国共産党、人民解放軍と密接な関係を持ち、スパイ工作を行っている恐れを指摘している。オーストラリアは華為技術が国内でブロードバンドネットネットワークを構築することに反対、安全保障上問題があった場合外国企業を排除できる例外規定を設けた。さてチャットアプリであるが日本で爆発的に会員を増やしているのがLINEだ。登録会員数は4700万。世界でも2億人を突破している。だがこのラインであるが個人情報をノーズルで吸い上げられていることに我々は鈍感だ。4700万の会員数があれば、日本のほとんどの携帯の番号がLINEに把握されているかもしれない。登録会員の携帯の番号とアドレスが吸い取られているからだ。特定個人にターゲットを向ければその人間の交友関係はほぼ把握できる。こうした情報が簡単に海外に漏れているという事実。これはチャットアプリに依った話ではなく、グーグルを含めた海外企業にメールや住所、電話内容がダダ漏れなのである。チャットアプリに国産をというのはそういう意味だが、もう手遅れなのだろうか?
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0