So-net無料ブログ作成

消費増税8%正式表明 2013年10月2日 [経済]

 昨日安倍総理は会見で正式に消費増税8%を4月から行うと発表した。アベノミクスが半年しか経過していない状況で早すぎると筆者は反対だった。economic indicator(経済指標)、手続き論、法律論などから判断したのか、とにかく増率を発表した総理。市場は織り込み済みである。メディアは例によって食費などの物価への跳ね返り、生活弱者への対応の遅れなど、批判を開始している。最もアンチ安倍のメディアは増率先延ばしでも財政不安、市場からの信認の低下などで批判していたはずで、こういうのは無視していいだろう。心配なのは増率前の駆け込み消費と増税後の冷え込みだ。この大浪を日本経済はどう乗り越えられるのか。メディアは橋本政権時の増率で起きた冷え込みを掘り返した記事やVTRを持ってくるに違いない。唯あの時と決定的に違うのは当時は不良債権処理などの金融不安が世の中を覆い尽くしていた時期でもある。
 ただこのことで明らかに増率に伴う副作用は出てくる。もう一方で必要なのは増率のメリットをどう生かすかだ。景気対策に使うのは正しい。ただし公共事業オンリーではだめだ、成長が見込める分野にどう金を回せるかだ。まあこういうのは誰でも考えつく。安倍氏の力量が試されるときだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0