So-net無料ブログ作成

中国の対日「新持久戦」2014年4月10日 [政治]

昨日2014年4月9日のBSプライムニュースフジは対中戦略。そこで今年の1月に中国の国営通信社新華社通信の座視『瞭望』に掲載された中国の対日戦略が紹介されていた。以下記す。

「新たな持久戦」を成功させるための6方策
 1  軍事力を強化し、挑発には断固とした有力な反撃をする
2 日本の誤った歴史修正主義に対し、随時反撃
  対外的に世論戦を強化し戦後の国際秩序及び連合国体制を守る
3 周辺国及び国際的な「統一戦線」を構築し、日本を孤立させる
  韓国・ロシア、その他の隣国を味方につけ、日米離間を図る
4 経済力・金融力を増強し、「中国市場」を経済カードとして巧く使う
5 海空軍の近代化を加速し、日本を抑制。尖閣諸島と海洋権益を守る
6  日本政府の誤った行動に対しては強く制裁を加える
  同時に、野党や民間に対しては友好的に働きかける
                    新華社通信『瞭望』 1月14日号より
    さらに「新たな持久戦」軍事力に関する記述
◇海空軍の近代化を加速し、日本を牽制
◇尖閣諸島の防空識別圏での権益を守る闘争を強化し、領土を守る
◇第1列島線を越えて、海洋進出を図る
 とある。事実こうした戦略が実行されているのは明瞭である。例えば6でいうなら3月に細野幹事長が訪中したが中国は民主党に関しては友好的に働きかけている。「戦後最大の危機にある日本」と出演した櫻井よしこ氏は話したがまさにその通りと思った。
三戦は知られるようになったが、この六策を日本国民は広く知るべきだろう。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0