So-net無料ブログ作成

期限切れの牛肉、鶏肉知らず知らずファーストフードに 2014年7月23日 [政治]

 グローバル化の思わぬ落とし穴というおうか、そういう表現では済まされぬ事態だ。問題になったのはアメリカの食品大手OSIグループの上海福喜食品で、合弁企業である。この会社から出荷される牛肉や鶏肉が賞味期限切れのももだったという告発番組が中国のテレビで報道されたのだ。日本はもちろんマクドナルドやケンタッキーフライドチキンなど世界の名だたるファーストフードと契約を持つこの会社。日本ではセブンイレブンやファミリーマートといったコンビニが取引がある。告発したVTRを見たが日本ではあり得ない管理と運営を行っている実態が紹介されていた。牛肉は緑色のカビのようなものがついていた。無断で鶏皮など、取引先の仕様にはないものを混ぜていたことも。この企業は合弁の民間であるが、国営企業はメディアの告発はほぼない。氷山の一角といえる。毒入り餃子で杜撰な管理が問題になったが未だに改善されていない中国の食品業界。世界中のfast food企業が今日は株価を下げるだろう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0