So-net無料ブログ作成

西欧世界の対イスラム戦争史観 2014年9月29日 [政治]

 国連ではオバマ氏が主導する有志連合が今後イスラム国に対してどのような対応を行うかでもちきりである。フランス、イギリスもアメリカに同調。一方でアメリカは欧米政界VSイスラムという構図とならぬように湾岸諸国も有志国に入れている。十字軍ではないということを明確化するためだ。
 十字軍の歴史。東洋ではなかなか理解できない西欧キリスト教世界とイスラム。単純に理屈ではない何か。日中韓の歴史を西欧世界が理解しにくいのと同様に我々にもわかりにくい。パリの友人はテロを警戒しているという。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0