So-net無料ブログ作成

中韓の外貨準備高とは 2015年9月13日 [政治]

 中国が今回の株価暴落の中で外貨準備高を急激に減らしているという。NHKのNEWSによると8月末の段階で3兆5千5百億ドル。2104年12月の段階で3兆9千億ドルだから4千5百億ドルの減である。人民元防衛のために為替介入に動いたこの夏ではあったが、その他の要因もあるのではないか?猛烈な勢いでキャピタルフライトが始まっていると思う。政府幹部が資産を人民元でしかも国内で所有すること危うさなのではないか。習近平の腐敗撲滅運動という権力闘争が理由だ。これまで外貨準備高を見せ金にAIIBなどを設立したり、外からの投資を獲得してきた方法が崩れだしている。FRBが発表している中国の米国債所有高は1兆2千億ドル。外貨準備高との2差兆2千億ドルはいったい何なのか?規模は違うが韓国も外貨準備高を減らしている。現在7月、8月と2ヶ月連続で減少。さらに外貨準備高の構成も未公開で透明性がない。韓国は20世紀後半のデフォルト危機の教訓から外貨準備高をため込む政策を取っている。しかしこれも中国同様に見せ金として使っているとしたらどうなのだろうか。予定されている日中韓の三者会談で安倍氏は安易な経済協力を行えば思わぬ落とし穴にはまる可能性がある。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0