So-net無料ブログ作成

EUに突きつけられた二つの課題 2015年9月15日 [政治]

 東アジアは経済は中国ショック、政治も同じく中国の軍拡と近隣への領土拡大という課題を突きつけられているがEUも同様。政治はシリア難民の大量移入、経済はギリシャのデフォルト危機。ここで世界史的符合論じても仕方が無いが東アジアとEUの課題が影響し合うことは必定。一方アメリカはISISかと中国からのパクスアメリカーナへの挑戰を受けている。話をEUに戻そう。トルコの海岸に漂着した幼児の遺体の衝擊はEU各国の難民受け入れに大きく舵を切らせた。人道的判断を行ったメルケル氏はじめ各国首脳判断に拍手を送りたいが、一方でEUはキリスト教社会とイスラム教社会の共生という社会実験を行うことに不安がある。自由と民主主義が問われる深刻な事態の出来があるかもしれぬ。EUはシリアをレジームチェンジさせることで事態を変えようとするかもしれぬ。しかしそこにロシアである。また最近の日本メディアはとんと報じないが12兆近い追加支援をとりつけたギリシャは5日後の9月20日に総選挙を迎える。結果次第では支援条件が反故になる可能性もある。ギリシャの民意を盾にである。天安門に立つ習近平とPutin、そして朴槿恵。今世界中で民主主義が危機にある。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0