So-net無料ブログ作成

2045〜日本の100年マラソン〜 [政治]

 ピルズベリーの『China2049』が中国専門家で話題になっているという。原著を日本では春に古森義久氏がオピニオン誌で紹介している。原題「The Hundred-Year Marathon: China's Secret Strategy to Replace America As the Global Superpower』である。つまりは「100年マラソン 中国がアメリカに代わって世界を支配するための秘密の戦略」というものである。1949年から100年後の2049年に実現を目指しているという。代をつないでの戦略だ。これが事実かどうかはわからないが。実際にその方向に政治も軍事も経済も向かっているのは事実だ。翻って日本はどうだろうか。仮に2045年の日本を想像してみよう。日本の課題である少子高齢化は克服できているのか。原発に代わる新しいエネルギー革命は実現できているのか。経済と科学技術は今の地位を維持できているのか?アメリカに依存した安全保障体制から脱却できているのか。在日米軍基地は存続しているのか?日米の基調とする自由と民主主義は守られているのか?そしてどのような憲法の下にあるのか?などと様々なアジェンダが出てくる。「戦後100年」まであと30年。こういう言い方はもうよそう。日本は2045を想定すべきだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0