So-net無料ブログ作成

インドの貿易赤字2012/05/03 [経済]

 日本人には意外に感じられるだろうが、インドは今貿易赤字に苦しんでいる。このことについてフォローしてくれるのはブルームバーグだ。昨年度の貿易赤字は過去最大の1849ドル。15兆1000億円だ。日本が31年ぶりに貿易赤字となったが、それでも4兆4千億円である。貿易収支悪化に伴いルピーは過去1年間でドルに対して14.1%下落した。昨年度の輸出が21%象の3037億ドルだが輸入が32.1%増の4886億ドル。いくら輸出しても追いつかないのだ。赤字の原因は原油やLNGといった化石燃料の高騰だ。経済成長に伴う需要の増大が赤字を膨らませている。同じ経済構造を内包する中国は世界のエネルギーを大量に買おうとしている。また南沙や尖閣に軍事影響力を行使し、近隣諸国を緊張させているのもエネルギー問題が背景にある。インドが食指を伸ばしているのが原発だ。ジャイタブールで世界最大規模の原発建設が計画されている。これ以外にも中長期的な観点に立ったエネルギー政策が立案されているという。中国とインド。膨大する2つのエネルギーー計画を睨んでいないと日本のエネルギー政策は道を誤ることになる。政府は2030年度のエネルギー需給見通しを根本的に改めだした。福島原発事故を受けてどう修正するのか。現在の状態では数年以内に日本の電力会社経営危機から破綻の可能性がある。インド同様膨大な化石燃料を買い続けねば電力供給責任を果たせないのだ。しかし電力料金値上げが簡単にできない環境が出来している。破綻を恐れた金融機関は資金融通に慎重になるだろう。政府の鈍感さが事態をさらに悪化させている。インドの貿易赤字に日本は学ぶべきだ。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0