So-net無料ブログ作成

衆院選挙結果 2014年12月15日 [政治]

 2014衆院選挙が終わった。300に届くと言われた自民も「アナウンス効果」により、291議席に留まった。民主は議席を伸ばしたものの、海江田代表が議席を失い、菅元総理は前回に引き続き選挙区で落選。共産は躍進、維新は前回の勢いはなく、次世代の党は壊滅の危機を迎えた。この結果をどう受け止めればいいのだろうか。アベノミクスが問われたとされる。だとするならば国民が存続を認めたということだろう。野党が代案をだせなかったという理由のほうが大きい。海外は安倍政権が長期に渡ることが確実になったと伝えている・
 海江田氏は代表を辞任。後は細野豪志氏を中心にどう今回の結果を総括し次につなげるかだ。批判はいい、政策を世に問うて欲しい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0